FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月8日に仙台ジャズフェスティバルに行きました~(雨でしたが、グ~!)


 
9月は7,8日と仙台ジャズフェスティバルが有りました!この時の為に 8日は日曜日ですがお店を休みにしました・・・
毎年 日曜日の仕事が終えるやいなや タクシーに乗って一番遅くまでやっている市役所の処まで行って30分ぐらいしか見れませんでした。が、今年は違いますよ~ 始まる11時前には仙台駅のペデストリアンデッキに着いていました!一日中 聴いたるど!(^_^)/

 
パルコの前です!雨が降ったり止んだりしています。


県外の方は この牛タンが お目当てか?・・・ 行列ができています。

 
名掛丁のアーケードの このグループは全員女性で 一番華やかでした!のりも良かったですね~ 最後にはダンスまで・・・ 太鼓のようなものもリズムが有って 笛まで吹くので じゃんじゃん盛り上がりますが 仙台人はもっと盛り上がったらいいのにね~・・・

 
ダイエーの前では・・・

 
一番町ではなぜか 茶道の・・・

 
ホールの中でも・・・    テントの下でも・・・

 
竹中工務店さんのビルの前はいつもの ビッグバンドが 大人気! 大音量!!

 
仙台の誇るこのガラス張りのビルの中でも・・・ 西公園にやってきました ここは毎年ゴスペルが 大人数のひとの声は心に沁みます!

 
こけし塔の前ではゴスペル・・・ そして 私の愛車!じゃないですが なかなかいいです!似合ってますよ(^_^.) アウディのスーパーカー

 
親子でファミリーでも・・・ 露天もありますが この雨ふりでは・・・

 
いい感じのブルーの車! バカルディのテントでは賑やかなグループが・・・

 
私もバカルディのモヒートなるものを頂いて 飲みながらスイングを・・・

 
しかし 雨は凄いことになってきて・・・ 水溜りをみてください!

 
このサキソフォン主体のバンドは迫力いっぱいでした。雨がざあざあなのに ファンが熱気で取り囲んで 一斉のジャンプ!一人ずつ雨の中に出てきて演奏して 周りのファンと一体化して 拍手喝采!

 
一番町に戻って来ました。パンのシンセイドウさんの前では、素晴らしい声色の女性ボーカリストさんが沢山のファンを惹きつけていました!

 
少し 暗くなってきたので 仙台駅の中に入ると二階のコンコースから(新幹線の切符売り場)軽快な・・・  ふ~ いちにち まる一日をジャズで癒されつきました~ いや~素晴らしい!ぜひ ず~と 続けて欲しいと思います!皆さん 有難うございました!聞けば 日本中から演奏に来ていただいているそうで 本当にご苦労様です!  あとは 今日の音に負けない 美味しいお酒と肴が欲しい!!さあ~レッツゴー(^_^.)

敬老の日 有りましたね~


 
北海道の宗谷岬に行く前のお盆のお休みにパンプキンの実家の築館のお墓参りをして、義母のパーマをかけてカラーをして美しさ保全作戦をしてきました。88歳の米寿をおわったばかりでまだまだ若い!3~4か月に一回お邪魔しております!・・・

 
このお母様・・・ 先月家のなかで転んでしまい、神経を痛めてしまい・・ 今は 施設に入所中です・・ 早く直って お家にかえりましょうね!

 
その後 家のおばばを敬老会で牛タンの利久さんに行って W店長にあいに行って来ました。おばばは84歳!


 
店長 お勧めの銘酒オリジナル利久をもっきりでいただjきました!

 
北海道の赤ほや トマトのサラダ・・・

 
牛タンの極みと言う 厚やきの柔らかタン!これが美味しい! とうがらしを付けてたべるのですが? このようにお皿のさじに こっててりとこんもりと 出しておいて そこにタンをつけて食べるのが通!です! 全国の皆様 今度仙台に牛タン食べに来たら このようにすると!タン屋さんも こやつなかなかやるな!と 良い味のを出してくれるかも?・・・

 
W店長は他に 一夏の恋と言う日本酒も勧めてくれましたが・・ おばばは 先程のオリジナル利久が美味しいと言って最後までこれでした!

 
 締めは やっぱりこれ!テールスープにかぎります!胡椒をさっと振って 熱々を・・・(#^.^#)

 
W店長さん ごちそうさまでした!彼は利久さんにとって無くてはならない存在!私とは30年来?の御付き合い!ありがとうございます!

 
お盆の休み二日目は 家の父親の実家のお墓参りをしました・・・・ ここは4年以上来ていません!なぜなら 3:11の津波でしっかりやられてしまい、最近まで墓石がどこにあるのかも判らない・・ 状態でした。ぽつぽつと 自分家の墓石を見つけた方は自力で墓石をもとの墓地まで たんがいできて(担いできて)直すのでもなく ただ 置いているだけなのです なかには立てかけているだけの処も有り 見ていて痛々しい光景でした!津波の直後はお巡りさんが被災地のずっと手前で居住者だった人以外はこちらに 立ち入らせませんでした!

 
このとうり 墓石が傷だらけでした! 亡くなった叔父さんが元気な頃に自動車板金で余った 金色のペイントで 文字部分を金色に塗って 家族中の方から非難されたそうですが この金色が決めてとなって この墓石は割と早く見つかったそうです!叔父さんは ひょっとすると津波の来るのを 予見していたのかも?しれません。・・・

 
 奥のパンプキンたちのさらに奥に 立木がぽつんぽつんと一列に並んでいますが そのすぐ先が砂浜で海水浴場でした!こんなに近くに海があったとは 津波の前は解りませんでした、なぜなら お墓と砂浜の間には 沢山のお家が建っていて あの立木はまったく見えませんでしたから!この墓地にくるのも 郵便局の建て物の角を右に曲がるとと言う・・ 何百件と言う建て物が有ったんです・・・
緑の原っぱの向こうには かって海水浴場の入り口だった処に 白い観音様が建立されていました。 ナミアムダブツ 南無阿弥陀仏と思わず唱えてしまうような雰囲気の場になってしまいました! やがて この地にも 本当の復興が果たしてされるんでしょうか? 東京オリンピックも素晴らしいのですが・・ あの官僚さんの匿名のブログのように どうせ過疎地だしと・・ 政治家の方々は心のどこかに思っているのでしょうか?
それにしても 東京から250キロ離れていて 超危険なフクシマは いったい いつになったら 安全な地になるのでしょうか?まだまだ 大きなおおきな課題が有りすぎる気がします・・・


北海道宗谷の帰り道は美瑛 富良野に寄りました!


 
今回の道順です、青森まで東北道を走りフェリーで函館に着き 長万部まで右に海を見て走り 日本海がわに夜のうちに走り抜け 小樽運河を右に見て あとはずっと日本海を左に見て 宗谷岬にに行き島二つを巡り 帰路は美瑛 富良野 五郎の家 苫小牧、フェリーにのり 八戸に着き 奥入瀬 十和田湖を見て東北道に乗り 一関の先輩の素敵にリニューアルされた美容室を見学させて頂き 我が家に23日の夕方に帰り着く!と言う 1900キロのキャンピングカーの旅でした~・・・



  
21日の夜は道の駅 美深 森林公園びふかアイランドに泊まり 帰りみちは来た道と全然違う 北海道のへそ!美瑛 富良野を見ていこうと思いとりあえず旭川をめざします!だだっぴろい森や畑が地平線までつづきまくります!ときどき あれっ!みち間違ってないか?と不安にかられることもままあります。

 
やっとこさ 美瑛に着きました!たしか去年もここに寄りましたが はや夕方で綺麗に見えないので残念だったのを覚えています・・・

 
今年は この通りバッチリ晴れ!やっぱり 私は晴れ男!

 
おばばが一緒なので一人500円也を払って バギーに乗り ガイド付きで一周することに!

 
お花畑が・・・

 
広々として 気持ちがいい~

 
この~木なんの木 気になる木!ですね! じつは 30年程前の自動車のコマーシャルで 日産スカイラインのケンとメリーの宣伝で使われたんだそうです!んでもって ケンとメりーの木と言われているそうです!・・・

 
おばばも気持ち良さげですね~

 
以下 風景を 見て下さい・・・


 
また おばばですか・・・

 
ここが 撮影の定番の場所なそうです!

 
ハル号がちょろっと見えます・・・

 
道の駅 美瑛にきました~ 石の蔵のイメージだそうです!  美瑛ビール等・・・

 
この牛乳美味かった!

 
JR駅 美瑛!そして 美瑛の街・・・

 
富良野にきました~ 藁のだるまさんみたいなこの前で嵐の松潤さんがCMの撮影をしたそうです。この辺のあちこちの木でいろいろなCMの撮影が有り そこを観光客がうろうろするのでちょっと問題になっていることもあるそうです!

 
おばばは何故かマフラーを買い締め直ししてお色直し!わたしたちはメロンを買いました!

 
いや~ 遠い!五郎の家は 富良野のから38キロも離れていて 結構時間がかかるんですね~

 
駐車場はがら~んと広く ハル号を奥のほうに留めました!

 
入場料は300円也!

 
入り口から 家まで長いらしく ひまつぶしに「北の国から」クイズがあったりします、くまよけのラジオが結構な音量でかかっています。そんなにでるんでしょうか? (^_^;)

 
あんのじょう この石の家の少し手前でおとこの子が おと~さ~ん 大きなヘビがいるよ~との大声!やはり油断は禁物!(^_^;)

 
今は 中にも入れ、こんなこともできちゃうんです!( ^)o(^ )

 
手作りかんの一杯なこの囲炉裏?暖炉ですね!冬は必需品でしょう!このストーブも!昔同じものを私も持っていました!

 
台所に 石風呂!この風呂 入ったらさぞや温まるでしょうね!

 
二階と言うか ロフトにも行ってみました!東京で見習いをしていたのを思い出しました、天井裏の梯子を上って6畳間に7人で寝ていました1番下っ端の私が先輩全員分の布団を敷くのですが布団の端を少しずつ重ねて自分のところが一番狭くなる敷き方をしないと怒られました!おれが 一番稼いでいるんだぞ!・・ハイ!の世界・・ 懐かしい あの時に人生で大切なことを一杯学んだと思います!)^o^( ろくな挨拶の一つも出来なかったわたしは6畳間が大切な宝物だった!!

 
あかりとりの窓がガラスの瓶を集めてつくっていたのは驚き!そして風力発電!いいね~

 
なぜか 最初の家も有りました!(実は私は北の家族のドラマをよく知らないのです、パンプキンが大好きなのでここに来ました)(^_^;)

 
お土産の売店がありました~ 何故か?トラクターのおもちゃが沢山売っていました~パンプキンはとうもろこしを食べていました~

 
富良野の見物も終り、あとは昨日電話で予約した苫小牧発 八戸行きのフェリーの夜9時までに着けばOK牧場でした高速道の乗り口の占冠(シムカップ)でお昼を頂いて今回の北海道の旅は お し ま い(お も て な しではありませんが・・)滝クリさんのプレゼンテ~ション良かったですね!

 
占冠 道の駅の有名な食堂で揚げ物ランチ頂きました!この鳥の空揚げが占冠名物のなんとか(ザンキ)?揚げでした。すごく忙しいお店でしたが どれも美味しくいただきました!ごちそうさまでした!

 
これは苫小牧発のシルバーフェリーの2等船室ですね!一人ごとにしきりが有ってクッションのきいた敷き布団がセットしてあり頭の上には おおきめのロッカーも有り大変便利でした。大平洋フェリーではただの大広間でした。そしてお食事やお酒のできる大きな別室が有りこれも良かったですね~
 
朝 4時半頃に八戸に降ろされたハル号は 暫く十和田湖や奥入瀬に来てないというおばばのお話で
 
奥入瀬渓流をさらっと散策?して、
 
 十和田湖の子ノ口に来ました!まだ6時台でしょうか?


この笑顔で今回の旅行に来て良かったと思いました!!一緒に旅行してくれて有難う!  おばばに感謝!

 
この後 一の関市の先輩の カフェな いい雰囲気の美容室のお店でお茶を頂いて五時頃自宅に着いたのでした!今回もまた いろんなひと いろんな事など本当に恵まれ、素晴らしい時間と感動を沢山頂きました!! 有難うございました!  感謝!!

  先輩 奥様 お久しぶりでした そしてごちそうさまでした! 素晴らしいお店でした!私も頑張らなくちゃ!(#^.^#)

ここにタイトルを記入してください

r礼文島は綺麗な風景だらけ、そして 泳いだ!

 
夕焼けの利尻富士をみた翌朝はハル号の中でパンのモーニングでした。スクランブルエッグとサラダも・・・


朝の利尻富士です!今日も綺麗に見えてますね~

 
起き掛けにターミナルへ行ってみたら~ なにやら騒がしい! 何事かと そこへ近づくと~ なにやら沢山の人が歌を歌いながら大きな身振り手振りで・・・ どうやら これが噂に聞いた 某 桃○民宿の毎朝の送迎会らしい?泊まっているらしい人も一緒に大声で必死にエールを送っている!

 
送られている人達も段々とゼスチャーが大きくなり 声も出てきて 中には涙をぽろぽろと流して歌ってる人も・・・ とにかく 感動と興奮の30分の一大スペクタクル?であった。ネットでみたことがあり この桃○民宿さんはすべてにスパルタカスであるが すべてに感動のラストを迎えさせるらしい、船のすぐそばの人たちは全員裸足で 月光仮面のうたやいろいろなうたを絶叫しつつ 見送る!船が海の彼方へ見えなくなるまで・・まるで 大学の応援団ののりで! 外人さんも唖然として 見守っている! 私も!いや~すごい!


終わったので ターミナルの中へ入ると 郵便の切手を北海道シリーズで沢山のシートなど売っている!当然 ゲット!

 
その後 昆布焼酎等買って、メノウ浜へ ここは大昔から いろんな色のメノウが拾える浜らしい?

 
奥の地蔵岩まで行くうちに メノウを2個ゲット!凄い大金持ちになれるかも!(後で近くのお土産屋さんで 一袋10個位入って 200円だった・・・)やはり 人生は履かないスッリッパのごとし?なんじゃ?(-_-;)

 
赤い灯台も有り、こんな面白い石も・・・

 
奥まで行くと 地蔵岩が? この尖った三角っぽいのが?どう見ても地蔵ではないと思って居たら~お地蔵様の手のひらの形らしい・¥・・

 
地蔵岩のそばには こんな可愛いお花が、近づくとこんなにはなれているんでした~

 
駐車場まで戻ってくると 創作木彫りのお土産やさんが話しかけて来て 貴方にパワーを与える石をあげます?と言って なにやら怪しい小石を一人ずつ握らしてくれた・・ そこから話がはずんで 結局1万円位の御買い物をしてしまった・・  上手だね~彼は 実にひとなつっこい・・

 
もう一軒の土産やさん おばばがこのおじさんの奥様が寝たきりで看病している話を聞いて感動!またもや たこさん?買ってしまった!そしたらおじさん この店先に飾っていた鮭を持って行けと言う そんなたかいもの?貰っていいの?ありがとう これは行きつけの一夢庵さんがぴったりだね~大切にもっていこう!これ この海岸でつったものだそうで 鮭とばとして食べられるそう へ~ ありがとうございます!

 
猫岩 桃岩の展望台です! あのフェリーターミナルで大声で送っていたあの方々の民宿がこのへん?桃岩というより 立派なおっぱいのようなすごい形!人気が有る訳です?

 
じゃ 猫岩はどこでしょうか? ぐるっと見渡すと~

 
それにしても 素晴らしい!海もきれい!

 
有った! あれらしい? それにしても遠くで 小さい、でもアップすると ほれ この通り!成程ちょっとふとった猫ちゃんですね~

 
北 最北端の海は清らかな碧さ!人間は限りなく地球を汚し続けてきましたが・・ こんなにきれいな処は大切だな~ こんなところに原発なんかやめてほしいですね~ 人間はもっともっときれいな生き方をしなくちゃ!

 
パンプキンが手のひらに猫岩を載せてみました~

 
これなんだと?思いますか。 そうなんです 昆布を干しているんですよ~

 
砂浜の有る 海辺でたんぽぽのような花!  白い砂と碧い海!白い雲!

 
なんだか とても暖かいし水もぬるい! なんか 泳いだら?と言われたような気がちょっとしました!・・・

 
北の果てのさらに 離島の北の海岸・・・

 
うんそうだな・・ と泳ぐことにしました。青森を走っているときもとても良い海水浴場を何か所か見かけたのですが・・ 運転ばかりしていると体全体がなまりますね~ 特にひざと腰・・・ 泳ぐと とても 体が楽になります。 (^_^.)

 
ほら! 昆布が・・・  やはり 風が吹くと 少し寒いかも? でも気持ち良かった!いい思い出に・・・

  
ひと泳ぎした後では お腹もへります! 通りかかったお店が ピンときました・・ ビビビ ですか?日本最北端の食堂! あとい!

 
やはり マイウーなランチになりました!何回か 旅行をし続けていると なんか感がうまいものを引き寄せますね~ (@_@;)

 
このどんぶりはほんとうはただの白飯だったんですが・・ おばばの隣に座ると 頂きものでゴウジャス丼に変身します!いつも 1.5人前は食べますね~ 少し ダイエットしてるんですが・・ 今回は ま いいか?

 
はい!ごちそうさまでした。7500円なり!

 
 本来はこの海岸にあざらしがうじゃうじゃ居た筈なのですが・・ なんか風が悪いとか言ってました・・・
この後 フェリーに乗り 稚内から 旭川を目指して少し暗くなるまで走って道の駅に・・・


 
これは道の駅の奥にあった樹のオブジェのようなものでした。ここで 夜トイレに起きると なぜか クワガタムシが落ちていて 2匹ゲット!さらに メスのカブトムシもゲット!ラッキーな! マナチ君待ってろよ!クワガタと カブトムシもっていってやるど~ おやすみ~
  あしたは 美瑛のお花畑や富良野の五郎の家にも行けるかも?

礼文島から見る 利尻富士は良かった~・・・


 
さあ~ 礼文島の街と言ったら・・ 繁華街?のような唯一のストーリーです!ホテルと商店と交番とetsが並んでいます!

 そしたら手でおおきく平に開きもう前回状態になります
その街を北へ通りぬけると しばらくして ガイドブックに出ていた うに剥き体験センターが有りました!迷うことなく・・・

 
うにういと 生きている立派な黒い雲丹を各自ひとつずつ目の前に置かれ 先生からスコップのようなものをてっぺんのまんなかに1.5センチ程差し込むように・・差しすぎると中身がぐちゃぐちゃになるのでこれは大切で~すと そしてグリップを握るとスコップの先端は大きく開き雲丹はぱくっと割れてきます、そしたら手でおおきく平に開きもう前回状態になります

  
今度は 幅の狭い長いすぷーんで中身をかきだし、四角い浅いかごに入れて水でゆすって洗い、ピンセットで黒い部分などを取り出し、キッチンペーパーに乗せ 軽く水切りをすると 出来上がり!


これが 一個500円です!美味しかったですよ~

 
そしたら~ 先生は ボタンエビのおどりぐいはいかがですか?と質問してくるのです・・・

 
なにせ パンプキンは 雲丹は嫌いですが・・ 海老は滅法好き!(大)をいただくしかないですね!

 
生きて泳いでいるボタンエビを頭tpしっぽだけ残して手で先生が殻を剥いてくれます!とりあえずおばばから・・・

 
次はパンプキン!   最後に私め! さすが北海道の味覚の代表!!


この店の売店で 今話題の美味しい北海道の米を売っていました!  買ってきました!

 
これから 礼文島最北の岬 スコトン岬を・・・ いつもアザラシがいるらしいし・・・

 
でました 最北端のトイレ!みんなが 撮影してましたね! そして売店 島の人!

 
最北端のさらに 北に島が有ると ここはなんなのかな~?と思ってしまいます!

 


 
下の海を覗いても アザラシさんは  いません・・ふー かわって最北端の民宿が有りました!ここに泊まったらいい思い出になるでしょうね!

 
こんどは最北限です! したの海では 船で昆布採をしていました、何故か 礼文島で採れた昆布も 利尻昆布と言うそうです!

 
こんどは 澄海岬(スカイ)を目指します1 海に近くにつれて 山の形が丸みを帯びて珍しい景色になります!

 
ほら 海岸ではこの丸さ!

 
ちょっとした急坂の階段を30段位登ると・・・

 
かわいいこむらさきのお花が・・・

 
すると いきなり碧い海と 断崖絶壁の絶景が・・・

 
北欧のフィヨルドのような(見たことない)風景!

 
なかなかな 絶景でした~

 
さて今夜のネグラはどこにしようか?一応フェリーのターミナルに帰ってみましょう!公衆浴場うすゆきの湯が有りましたので海岸近くのこの湯でリラックスしていると~ 窓から利尻島のてっぺんの雲がとれかかって全体に見え始まっているではないですか!

 
うすゆきの湯の責任者のかたにここの駐車場で岸壁に近いほうの駐車場に今晩お世話になれませんかと お聞きすると なんと~OK牧場ではないですか!ありがとうございます!こんやは この利尻富士のばっちり見えるここで泊れます! まさに借景!!

 
見て下さい!この風景で御飯が食べれて お酒も飲めるんですよ~


もはや 利尻富士のの全景が見えています! 万歳!バンザイ1


バンザイ! ばんざい! ここまで来て 本当に良かった!! (^_^.)

 
利尻の前に フェリーが来ました!いい画になってますね~

  
雲の色も だんだんと夕焼けになり いい色になってきました~

 
ハル号ともぴったりですね!

 
さらに なんということでしょうか! 満月が近づいていいコンビネーション!

 
夕闇が濃くなってきました~ ガランとした 駐車場で北海道の増毛(さいほくの酒蔵)の日本酒で乾杯!

 
いや~ 美味かった! おいしかった!美酒でした~ (^_^;)


これが この夜の最後のショット!  どうですか~ 

利尻富士の見えない利尻島はちょいと淋しかった・・・


 
19日のよるは稚内の町の岸壁の側のおおきな公共の?温泉に浸かり・・・ 

 
私の後ろにハル号が小さく見えますが 今晩の宿をあそこに決め このお風呂のあとは同じ建て物内の居酒屋さんで一杯やりながらお腹を満たしていきましょう。 あ~お腹へった~ とりあえず ビール・・・

 
朝6時台なので眠いのですが 利尻島行きのハートランドフェリーに乗り込みます!→が・・・


さあ~ 稚内発6時30分?の朝早いハートランドフェリー船内でハル号はじっと着くのを待っています・・結構朝一番の便は混み合います。

 
20日の朝はとってもすがすがしく晴れて 島の下の部分は良く見えるのですが・・私が指さしているこれから行く利尻島の肝心の利尻富士と言われる山の部分が見えていません(-_-;) パンプキンの指さしているほうは横に長い礼文島です!こちらの島は何万年もの歴史があり長い間自然に削り取られ 磨かれたような 北欧のフィヨルドと言って氷河で削られたかのような異国の雰囲気が・・一方 利尻島は何千年か前に突然の爆発でできた富士山のような山が島の端まで山の続きで平地が非常に少ない丸い島ですね!

 
さあ~ 利尻島に近づいてきました~ なんかわくわくしているのは私だけでないようです!みなさん 眼を見開いてじっと北の島を見つめています 緑色のおでこのような岬はベシ岬というんですね、なだらかに角の取れた面白い形ですね! 漁船が出航するようですね。

 

 
このフェリーに乗る方々が沢山並んでいます、そして 利尻島と書いてありますね!立派なターミナルビルは今建設中のようで・・


仮設のターミナルにおしどまり港と書いてありますがちょっと 読めないですね!

 
山の上に ようこそ利尻島へと書いてありますね!ハル号も降りなくちゃ!

 
利尻島は丸いのでターミナルから時計廻りで一周して午後2時のフェリーで礼文島に行く予定です、山が大部分を占めるこの島では綺麗な湧水が豊富で沼が3か所もあり そのうちのふたつを観ました!本来この島に来る方は 利尻富士の登山が目的のようですがおばばは足がちょっとしんどいので今回はパス!車で周遊としゃれこみましょう!

 
雲がなければ うしろに利尻富士がばっちりの・・はずでしたが、沼だけが・・・

 
まあ 楽しんでいるようですから・・

 
でもここは素晴らしい景色 松島をダイナミックにしたような・・・

 
ぐるっと廻っていると灯台や 白い鳥居とか お家がぽつんぽつんと見えて来ます。(^_^.)

 
利尻昆布専門店が有りました!ここで昆布には養殖と天然ものが有るということは 初めて知りました(^_^;) 値段は二倍違います・・・

 
そしたら 昆布の家族の方がキャンピングカーを見たことが無いのでみせてくれませんか?というのでOK牧場!・・で パチリ!

 
このオタトマリ沼はやはり利尻富士が見えれば!

  この青い看板!みたことのあるひとは多いでしょうか?そう 白い恋人のパッケージの画だったんだすね~ それも冬の白い・・・ このお店は店員さんの対応が見事な連係プレイと御もてなしと適度の勧誘で全員が叔母様なんですがイイ!そして オーナーの方がうまいスタッフ誘導!
お勉強になりました!!!来て良かった!!!みなさんも是非一度行ってみて!!!
 
海の碧さが違いますね・・・

 
さらに廻って御崎公園の海が・・・  ほら!碧い!

 
まだ 利尻富士が見えません・・・

 
道路脇の湧水ですね!さっきのお店の方に教えて頂いた・・ 甘みがあって 美味しい水でした!

 
いろいろなお家が有り・・・

 
これから行く 礼文島が見え 

 
もう1周してしまいました、フェリーターミナルが見えてきました! ペシ岬の岩が見えてきました!

 
見て下さい! ガソリンの利尻値段!運賃なんでしょうね?  その隣にくみあいストアーが有りました。

 
昆布ラーメン美味そうなのでスタッフさん達にお土産に・・・

 
礼文島行きのフェリーまで時間が有るのでお昼を頂くことに!

 
とろろラーメンと ほたてラーメンどちらもここの名物らしいが?・・・

 
このほたては小さくて麺の下にもぐっていたので注文したのとちがうよ~と言いそうになってかきまわしたら出てきました・・ さて再びハル号は礼文島行きのフェリーに乗り 固定されました、やはり島から島へは がらんがらんでした。どちらの島も行くのは贅沢なのか?

 
オートバイや 自転車はこんなふうに ロープで固定しておくんですね!

 
船のデッキに出ると先程 1周してきた利尻島が見えていますが 上の方はまだ白い雲に覆われていますね~

 
さあ~ 礼文島に着きました~ 今日はこの島で1泊です。どんな風景が観れるのか楽しみです!

8月19日に宗谷岬で夕陽を見ました~・・・


 
8月17日の夜 お店の仕事が終わってハル号の生活用水を130リットル満タンにして おばば連れの日本一北の宗谷岬と利尻島 礼文島を目指して6日間で帰る キャンピングカー旅行が始まりました。今回は青森発のフェリーが11時30分?の予約を入れていたので 夜のうちに少しでも距離を稼いでおいて、青森港に9時頃着いてしまったので ・・・

 
アスパムを眺めたり 釣りをしている人に話しかけたりしてまったりと時を過ごし・・・

 
あのフェリーにのり函館に着く予定です、この時に気がかりだったのは北海道南部のお天気でした。たしか 大雨注意報が・・・

 
まあ 乗りかかった船とはよく言ったもんんです! 乗るしかないでしょ お富さんですか?

 
青森に近いうちは割とお天気さんでしたが・・・

 
函館に近ずくと ばさばさと雨が・・ 海沿いを走ると海の中の泥色の大きな筋が見えました、河の泥水がはっきりみえていたんですね~
そういえば 八雲の脱線事故の列車が左側に見えていました、マスコミの方々も雨の中取材をしているのもみえました。高速道が閉鎖されてしまい あやうく普通の道路も冠水しかかって道路のあちこちにお巡りさんや道路の関係者がたっていましたね~ 最近私は強力な晴れ男であちこちを巡っていますが おばばはどうも 雨女らしい・・ こうなったら 雨女と晴れ男の対決だ~ じぇ じぇ じぇ~

 
今回 長万部から北海道の尻尾部分を北に縦断して 229号線を走り北海道の西側の海沿いを地図の形に移動しています。ト!なにか白い蜃気楼のようなものが白くみえてきました!ここは泊なので 北海道唯一の原発 泊原発でした、大きな施設ですね~ この先には 余市や小樽といった大きな町があるので心配ですね~ 沖縄と北海道ぐらい 原発の無い 安心安全なところになっててほしいのに・・・

 
余市を過ぎて 小樽にはいると 見覚えのある運河の有る風景がみえてきました~ 一見しても 中国の方が多いですね~ 日本を嫌いな筈なのに・・・・ ちょっと変ですね~・・・・

 
北一ガラスさんとか・・

 
あの小樽で有名な・・・

 
超暑い小樽を過ぎると おそらくは宗谷を目指しているんでしょう ハーレーのバイカーたちが目立ちますね~ これからどっち方面から・・・

 
北海道の道路はまっすぐにストレートな所が実に多い!こんなところでスピード測定などされたら?たまりません?皆さん早い!おばばはこっくりと居眠りが多い!無理もない84歳といえば60歳になってから24年も人生して しつずけている24年有ると生まれて育って社会人になってい 
る訳です、凄い!まっ いろいろとお世話様でございます!!雄冬岬の白銀の滝で一休み!なんか 去年いった知床のオシンコシンの滝に似て海沿いの滝が熱い熱気を下げて呉れるようです!

 
はあ~ まむしにご注意ください?サンダル履いているので ドキ!

 
橋の下を覗くと 上から滝の真水と下からの海の水がぶつかりあって不思議な感じ!231号線をさらに北上すると・・・

 
増毛という 日本最北の日本酒の蔵元が有るまちで 漁師の店 海鮮レストランの看板を見つけ・・・

 
大漁旗が沢山飾ってある玄関をくぐり2階に登るとそこは碧い日本海をバックに浮かび上がったような食堂でした!
 
 
お店の窓が2,3か所開いていて海風がびゅーびゅーと音を立てて入り込んできていました。それは気持ちの良い風でした!

 
美味しいい処を見繕って頂いて 親方につくっていただきました!白身の刺し身はソイ、ボタンエビに少し残念な雲丹(と言っても美味い)・・・
やはり 本当にうまい雲丹を食べるなら 7月だよ~と親方がおっしゃってましたね~

 
この漁師料理!3人で 7500円位でした!まずは北海道の美味いもん1号でした、なお おばばのおごりでした ごっぞうさんでした!!


ぞーもうなのか ましけなのか どちらにしても 我が業界では有り難い 増毛!!みんなが貧毛になってしまったら業界破滅・・・・

 
国道231号線を北上 オロロンライン天売国道を進んでいくと右側に木造の大きな建て物が見えて来ます。道の駅おひら鰊番屋です、その昔ニシンが溢れる程いて 山のように捕れたそうです東京の金持ちの何倍ものお金を持ったニシン成金さまが造った豪華なお家ですね!
 

 
そして 吃驚したのがこの石碑!大平洋戦争が終わって6年もして やっと中国の満州から命からがら逃げてきた日本の人が5000人以上ものった貨物船3隻が ロシアの潜水艦に魚雷で撃沈され 1700人以上の方々がこの浜で亡くなったそうです (ーー゛ )何と言うソ連の卑劣さ

 
改めて 外国の方と付き合うむづかしさを考えさせられます! 亡くなられた方の無念を・・ せめて皆様 極楽へ・・・・ナミアム・・

 
その鰊番屋を抜けるともう少しで 宗谷岬が見えて来そうなところまできましたね~なんか心わくわくしてきます・・前を行く ライダーのみなさんもきっと私と同じ北限の地を目指しているのでしょう!かって 私もバイカーで仙台から 京都まで行って帰路は日本海側を廻って秋田まで行き盛岡を通り仙台に帰ってきたことが有りましたが しんどばっとだったが 思いをとげる楽しさが溢れて楽しくてじぇじぇじぇ~だったな~・・・


あ~ なんか はじっぺのらしき風景になってきました!そろそろ    でしょう・・   大分明るいうちに着けそう・・・

 
来ました~ 稚内の納沙布岬(ノシャップと読む)もう陽が暮れかけていますが 北限に近いところまで来ました!明日の朝6時台にここからハートランドフェリーに乗って利尻島にいくのです!(^_^.)

 
イルカと灯台の組み合わせがいいですね~  そういえば 日本最北端はここではなく 宗谷岬だった!あと35分で日の入りと言っていた・・・ナビで距離を測ると38キロ う~ん 行ってみよう うまくいけば ほんとうの最北端の夕焼けが観れるかもしれない・・・

 
行っちゃいました 快適にスイスイと 宗谷岬をめざして! 果たして 間に合うのか!?

 
見て下さい 着いてすぐの画です!まさに 陽 没するとするらん時でした

 
おばばの顏がみえませんが 雨女は前回宗谷に来た時は雨ざあざあだったそうです!晴れ男が勝った瞬間でした!


宗谷の記念碑です!


日本最北端の地  ついに来ちゃいました!!

  
あの島は何と言うのかわかりませんがいいですね~ さらば宗谷!  稚内の半島がもう夜景になってますね~ 明日は早いぞ~

佐渡ヶ島はたのしい・・・


いよいよ佐渡ヶ島観光の始まりです! くるまのテーブルで朝食をすませ 行きは7:55分発のジェットホイルと言う 高速船でフェリーターミナルから出発です!中では 小学生の方々の修学旅行らしく 同じ船で団体さんとして行くのに団結式なのか出発挨拶を長い事してました・・・
 

行く途中で同じジェットホイルとすれ違いました、かなり船体が浮いていますね~ 佐渡ヶ島の灯台が見えてきました、おけさの形をしてますね・
 

ジェットホイルの船内です!一番前の壁にTVとその上に速度計が有り81キロまででていたようです。降りてからこのジェットホイルとパチリ!
シトベルトを全員がしなければなりません。鯨とかなんらかの浮遊物とかにぶつかると大事故になるので・・・
 

皆とに着いたら 大きなフェリーが車を呑みこんでいました~ カッコいい船ですね~ 小学校の夏休みの宿題に船の模型を創った記憶がよみがえります!


朱鷺(トキ)センターにバスで来ました、朱鷺は飛ぶ時に下から見ると 内側の羽だけががピンクに見えるのですね。
 

このように 羽をとじていると 全然ピンク色には見えません!しろいのがメスでグレーがかっているのがオスだそうです。
 

朱鷺の卵がこの大きさなんですね~  朱鷺関連グッツがてんこもり有りました!佐渡の皆さんがんばってますね!
 

ゲージの中の朱鷺さんです!厚さ2センチのガラス窓から 餌のどじょう池を覗くと朱鷺だけに?時々すぐ側で見る事もあるらしいですね!
 

佐渡の佐渡らしい風景です!バスの車内では佐渡出身のガイドさんが楽しくガンバっていました!(^_^)/
 

次にきたのが 砂金採り体験コーナーです!入り口にいらっしゃる金の大黒さまのキンを触るとより余計に金が採れますとのガイドさんの案内で皆さん触っていきます!私もキンを・・・  すぐそばの売店では禁制品ならぬ 金製品が販売展示してありました・・・
 

さあ~ 待望の砂金採りです!黄色い服を着た店の方がやって見せてくれます!要するに金は砂より重いので水の中で砂をよく振り金を皿の下へ振り落とし 余計な砂はどんどん捨てるを繰り返して最後のちょっとの砂の中に砂金が潜っていてそこでそっと指で探ると・・・
 

有りました! 一回目で砂金3個ゲットです! す スゴイ!これを見た隣のパンプキンは俄然やる気を出し なんと最終的に6個ゲット!
恐るべし 女の執念!痩せタンとちゃう?・・・ 結構腰にくるんです・・・ でも見てください 皆凄い勢いでやってますよ~(@_@;)
 

これが 本物の砂金採りだそうです・・・
 


 

小木港のターミナルの建て物の2階が団体さんの食堂なようで 新潟港で会った小学校の団体さんとばったり 御飯を食べていると 生徒さんがぞろぞろと側を通り なかには私に その御飯おいしいですか~ときくかたが2~3人程いて うまいよ~と答えてあげました。イカ 海老 ほたての釜めしセットでした!

 

こんどは 宿根木の集落を見学です!ここは昔大きな船を持っていて 日本中を商売してかなりのお金持ちが居る所だそうで 庶民の方はその船を廃船にするときに全ての船の材料を余すことなくお家を建てるときに板から柱から釘まで使いエコなリサイクル建築をしていたそうです!
なんて立派な佐渡の方々!!
 

この家並みがその船のリサイクルの家々なそう!何故か 世捨て小路と言う・・宮城県の白石市の橋にも仔捨て橋というのが有ってv物議を醸し 今は白鳥橋と名を変えたのが・・・
 

特に小さい方の家は しっかり船の形をした有名なお家なそうです!前からみても後から見ても・・・
 

この公会堂は有名人が公演をするのだそうです!その奥には大きなお寺さんが有りました・・・
 

なんか松島の瑞巌寺のような似た雰囲気!
 

その一角に不思議な形の椿の葉が有りました!ほら まるで金魚の尻尾の形です!すべての葉っぱがこの形!


ここは 中でもお金持ちの家!400円の入場料が・・凄い太い柱はケヤキの木を漆塗りで 床は佐渡特産の柿渋で塗られているそうです。高~い所に窓が有って紐を引いて開け閉めしたり 2階は客間が四季の絵を描いたふすまが凄い そして寝室が狭い!
 

これ この家の冷蔵庫だそうです、岩をくりぬいている!一年中同じ温度だそうです!中は3畳間位かな?井戸も掘って有りました!
 

この家の2階から見た1階の屋根ですが 石が乗っかっていて針金で留められているそうです、冬の強風に備えてるんですね。
屋根瓦を良く見ると恵比須さまでした!お金持ちは発想が違いますね~ ますます貯まる!!
 

小木港にやって来ました!ついに 念願のたらい舟!です!
 

近くで見ると 以外に大きい!想像のたらい舟はこの半分位でした。杉で造ってプラスチックを被せてあるそうです。すると 長持ちするんだそう・・・
 


みんな のりはじめました  なんか 優雅ではないが まったりとしていい感じ・・・ 船頭さんの衣装もいいですね~(^_^.)
 

あの女優?のイモトさんも たらい舟で佐渡から新潟を目指したそうです(途中まで・・) 観光ではない 船頭さんたちがたらい舟で 海産物を収獲してきたようです。浅い海では舟よりいいそうです!
 


さあ 私の番がやってきました 途端に 大雨・・でした!船頭さんは優しいかたで佐渡美人でした!!キッパリ!!
 
 
私も 櫓を借りて漕いでみました・・最初の10センチグライは前に進んだような気がしましたが・・・あとは左ひだりと廻るのみでした・・・・・
 

帰りの港には もうフェリーが待っていました。2時間半寝ていました・・・


フェリーターニナルのすぐそばのホテル日航新潟さんの25階です!歩いて5分よりもう少し ネットで中華の夕食とバイキングの朝食が付いて海の見える角部屋でなんとバスルームにも大き目の窓が付いていて 用を足していても下界が見えるという希少部屋で一人15000円と言う嬉しいお値段でした!ほら 夜景が綺麗です!夕食の中華のレストランからの眺めも良く、25年程昔パリの日航ホテルに泊まったときとおなじそばをセーヌ河が流れていて 綺麗な形の橋があり殆ど同じような眺めで美味しく頂けました 皆さん ここはお勧めですよ~このパジャマも気に入ったので 買ってきました!
 

セーヌ河?ではない・・・先端部に昨日のフェリーターミナルが見えます!
 


ピンクの処に昨日ハル号で泊ったんですよ~ 目の前でしたね 見られていたんですね! ガンバレ東北の文字をかいた建て物が有りました、うれしいですね~ こんなところでも応援してくれてうたんですね~ 有難う ございます!!!
 

翌日の昼ごろに ホテルの下にの展示場でヨーロッパの絵画師ミュシャ展を見てから 帰りました!食べる為のポスターの名人が民族的思想を掲げて国民的なヒーローな絵画師になっていく様が素晴らしいと思いました。なんでも 只単に働けばいいのではなく 心の中に おおきなよりどころを持っていることが大切なんだと強く思わされました、私達の仕事も自分なりにお客様に対する思想をしっかり持ち 全体的には社会的に大きなプラスを差しあげられなければ職業として いけないなと思いました!有難うございました!!!
 

今回の佐渡ツアーは 大変お勉強になり かつ面白く また来たいな~と思いました その時は宜しくお願い致します!!ペコ!
8月の4連休に2日プラスして 6日間で北海道の宗谷岬の利尻島、。礼文島に行って来ます、こんどはおばば連れで3人の珍道中の研修旅行?になると思いますよ~

プロフィール

ブロッコリー2

Author:ブロッコリー2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。