FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じんべい鮫君こんにちは~(^_-)

沖縄2日目は美ら海水族館と 古宇利橋と アメリカンビレッジに・・・(雨が降ったので)


やって来ました 美ら海水族館!ここに着くころには 豪雨もあがって 曇り空に・・ なんかいきても いい景色です・・
下は1歳から 上は86歳までみんな元気です。私も53歳と大幅に平均年齢を引き上げていますが・・・? まあ ヤング?・・


水蒸気のミストで涼やかですね、イルカ君もなにやら 騒動になっていますが 頑張ってね! 人間のエゴだね~ ごめんね~


おばばはイエローな傘が3万8千円なそうで 是非開いて 撮りたいとのご注文・・


ウミガメの前でも・・・


チケットは近くの道の駅で買って 1850円でした?これより200円ぐらい安いのかな?本当は?


好い風景ですね~


見てください ウバザメじゃなく、じんべい鮫です!3匹いて 大きな水槽をぐるぐるまわって泳いでいます・・


黒い人影と比べると 大きさが解ります・・ 観ていると なんか こっちまでゆったりした気分になります\\


これでまったく 攻撃性が無いのが 凄いですね~ 本来ならばあの大きな口でなんでもばくばく噛み砕いているような大きさですが・・・


水槽の裏にエレベーターがあり 4Fまで行くと 水槽の上に出ます。さっきしたから仰いでいた じんべい鮫君を 上から眺めおろせるのが ギャップが有って面白い!上から見ていると 大きなじんべい鮫同志が正面衝突しそうになって 上下に回避したりと 結構いける・・ が 下と違って 冷房が無い!30度以上の熱気がじわじわと効いてくる 汗だらだらになり これは体にいい汗なんだと自分に言い聞かせても やはり 暑い!


床がガラス張りになっていて 足をのせてみたが ちょっとこそばゆい・・ あっ また来た~


水槽の下では右から左に廻ってばかりだが 水槽の上では逆廻りもありだった・・ やはりね~ この大きさでは同じ方向ばかりではじんべい鮫君も腰が痛かろうよ・・・


また 下に降りてくると じんべい鮫君の胎児が展示されていた・・ 一度の妊娠で200~300匹の胎児がとあったが・・・
隣の展示では 今や日本中に現れて 天変地異の前触れかの? 大王イカがいた 火山の爆発や 津波などは 遠慮したいものだが・・


クジラの口が撮影ポイントになっていた 成程 人間が一飲みだね~


水族館を出て 古宇利大橋が大変な眺望とのことだったが・・ 


まあ この位でした・・ 瀬戸内海のしまなみ海道を見たあとでは・・・ もっと 晴れていればね~


橋を渡って 島内で食堂に入った。あちらこちらのお店の看板には 何故か?うに丼の看板や 海鮮丼の看板が・・ つられて おばばは 1500円のうに丼を注文・・ もはや うにから うにでなくなったぐちゃぐちゃな物体が出てきた、結果 おばば 手をつけず・・・


タコライスと、ゴーヤ定食・・ これは沖縄の定番ですね!(^_^;)


私は 刺身定食を頼みましたが・・ やはり ウニ丼同様な 乾燥ならぬ 感想でした~ やはり 生ものは 本州でということですか!


アメリカンビレッジに来ました~ お世話になっているホテルの北に車で20分ぐらいの一大ショッピングセンターのアメリカ風・・


雑貨屋さんいいですね~ 私はここで お店に飾るようにテンガロン風な帽子を2個買いました、そして 仕事用のベストも2枚・・・
見たいかたは 是非 当店に来てくださいね!(^_^;)





ホテルの10Fの廊下からみた向かいの居酒屋さんと、宜野湾市街です。 なんか 明日は海遊びができそうな お天気になってきましたね~
今晩の夕食はホテルのレストランで ディナーをコースで頂きです! ツアー会社の方ご馳走様です!! 赤ワインをボトルでいれましたが美味しいワインでしたよ~


明日は、車で30分ぐらいの北の ムーンビーチでなんやかんやと 海遊びをしましょうか?・・・

6月の沖縄研修旅行の一日目・・


あの スーパーサーカス オーブの小屋が解体中です。 その すぐそばで 昔の愛犬ハルちゃんそっくりのゴールデン犬を見つけました。
 

何故か? 孫1,2号がお泊りでお預かりでした・・・ お昼に お外でバーベキューをしてみました、肝心のお肉は固くてまずいと殆ど食べませんでしたが デザートのマシュマロ焼きは大好評でした・・・
 

山陰研修から帰ってきてから 一度も手入れをしてなかったので お掃除中心に 清水タンクを洗い 新鮮な水を130リッター補給!
後ろの 自転車が錆びてだめになったので いい方をお客さまへプレゼントして もう1台は捨てることに・・・ 後姿がすっきりに。(^_^;)
 

娘2号から 父の日のプレゼントを頂きました・・ もっと 暑くなったら 是非使おう・・ ありがとう (^_^;)
 

21日のあさ 仙台8時発の大阪ゆきで 沖縄へ乗継をして 3泊4日の研修旅行の始まりです・・・  (^_-)
 

行きは よいよい・・・ はたして どんな旅行になりますか・・・ (@_@;) あくまで 接客のお勉強にいくのですよ~
 

さすが 那覇空港は国際空港です。 アメリカのオスプレイも居たみたい・・
 


 

歓迎していただけると 嬉しいです・・・ ハイサー
 

そーき蕎麦でした・・・
 

ゴーヤ定食・・
 

大きな スイカ・・
 

モノレール・・
 

守礼の門を ジドリ棒で・・
 

迫力・・
 
この階段 疲れます・・ ナンクルナイサ~
 

スタッフさん達はスタンプラリーが・・・
 

自撮り棒で撮るとこんな 真面目な?顔に・・・
 

この おやじさんおもろかった~
 

王宮のなかは 薄暗く 赤く 迫力があった・・
 

昔、 中国の属国だったころの中国の使者を歓迎する式典なそう・・
 


 

おばば 頑張るんば・・ クミンさんはハイビスカスが似合います・・
 
那覇より車で20分くらいの宜野湾の近くに建つ ムーンオーシャンホテルからは 東シナ海の夕焼けが・・ プールが締まる前に
 

外人さん達に交じって ひと泳ぎしたら・・ 5分位で ホテルのスタッフが来て 本日のプールは終わりでございます・・ だと・・ 上がって ガーデンで 一休みでした・・・
 

バスルームから 海と空が丸見えですが  ○見られなのでしょうか?
 

セレブな雰囲気が 夕焼けを更に綺麗に見えます・・・
 

初の夕食は ホテル向かいの居酒屋さびらさんで 美味しく頂きました。オリオンビールがジョッキで180円でした(7j時半まで)一番搾りが200円かな? とにかく お安い!嬉しい! でも このあと 我が部屋で夜食の部が12時まで・・・
 



さあ 明日は 雨が降ったら あの じんべい鮫の居る 水族館へ・・・

四国から 姫路城 そして金沢、行程全図・・・

いよいよこの山陰研修旅行のレポートもこれで最終回になりました。 しまなみ海道に再びのり、高松自動車道にのって 四国の瀬戸内海にそって うどんの名所 丸亀市に向かって移動中にうどんを頂こうと・・ うどんの○○さんに入りました、駐車場も広く大きな店構えです、四国にきてうどんをたべなきゃね。 お店に入ろうと思って近づいたら なにやら窓に張り紙が・・ 5月いっぱいで閉店のお知らせ・・・ ともかく 今はやっているんだからと入店。少し暗い感じの雰囲気。メニューを決めたので 店員さんを呼ぶと 返事はない でも店員さんはやって来た、そして注文すると 黙って聞いていて 最後に何玉にしますか?とだけ聞いてくる、こっちのいうことは分かってくれたのかな?大丈夫かな?と心配になる
 

でも 注文した品は出てきた、持ってきたひとは中国の人らしく ひとの目を見ずにお話し まだ日本語が苦手らしい・・(^_-)でなんかしっくりこない感じで 食べ始めた。が 味は普通だったが 心に味はしなかった・・ 接客は 相手の心に響かせないと お客様は 味まで変わるものなのですね~ うちも 気を付けよう!お勉強させて頂きました!ご馳走様でした~
 

丸亀、坂出から再び瀬戸内海の上を走る、瀬戸中央道にはいる、しまなみ海道のようにサイクルロードも無く 景色もいまいちかな?やはり しまなみ海道は良かった 人間臭い道路だったからかな? 倉敷で山陽自動車道にはいり 赤穂を過ぎて お化粧直しが終わったという 姫路城を・・・
 

ハル君も長旅で眠くなったかな・・ 
 

姫路市内で スーパーにより 今夜の夕飯の食材と凄い行列のたこ焼きに並んで買ったら、この1パックが100円でした。う~ん 100円恐るべし、味もまあまあで 愛想もよく 合格でした。安いからといって相手をみくびってはいけないことがある・・・
 

何軒もの 普通の駐車場を断られ やっとのことで 教えて頂いた大型車も入れる 駐車場を見つけた・・・
4時15分ごろにその公営の大駐車場に着き、特にお願いして入れて頂き 5時まで帰らないと門閉めるからねと言われて 姫路城に行きました。しまった~ さっきのスーパーをあとにすべきだった~ 駐車場から姫路城まで10分かかるので 実質15分しか お城を見れない!
 

小走りに姫路城をめざし ハル君も短いあんよでがんばりました!
 

いや~ 観光客の多いことおおいこと とくに 白人の観光客がダントツに多い。お城には白人の方々は目がないのだろうか?
 

前を歩いているのも 白人さんファミリー・・・
 

はい また白人の方・・・野良猫に優しい目線・・  それにしても 姫路城は綺麗!熊本城や松本城と違って 女性的な美しさを感じる。優美な
 

妖艶さがあるかも? 大人の女の方の色気かも・・・ ま とにかく 綺麗でした・・・
 

パンプキンはもっともっと見たかった~~と 言っていました! 5時でさらばじゃ 白鷺城! また 明日の城(ジョー)だー
 

姫路城のあたりから 私のカメラである Iフォン君が写真を撮れなくなってしまいました・・・・・・ 容量不足で撮影できません・・ エ なんだってこのIフォン君は64ギガなのに・・ どうやら うちのパソコンと同期したときに 昔のIフォンで撮った2万枚の画がこちらに取り込まれたらしい・・・
なんとか あれこれ消して やっと撮れたのが 金沢でのこの3枚の画でした。姫路城を見た後。頑張って舞鶴若狭道を一気に舞鶴まで駆け上がり、2泊目にとまった 道の駅シーサイド高浜まで行き、温泉に入って 爆睡!翌日 日本海側を北陸道で 金沢市に入り、近江市場の賑やかな 街並みを冷やかし 美味しい海鮮丼を頂き おばばさまとパンプキンに金粉いり化粧水を買いお土産にして もっともっと美人になっていただこうという作戦でした。 が 効果は・・・ まだ わかりません・・・
 

これは金沢の観光客にやさしい 100円のワンコインバスの地図です(右廻りもありましたし、もっと小さいミニバスも有った)、金沢は 観光客によく配慮していますね~ だから あんなに 沢山たくさんの方々が 日本中から集まってくるんですね~ 仙台市ももっと もっと 観光客にの沢山の配慮をじっこうしなくちゃだめかもと感じました。そういえば 熊本城も すんごい 観光サービスでしたね~ 仙台頑張れ!


この地図が今回の全体図です、
☆仙台から5月18日の仕事を終えて、7時過ぎにハル号で出発。福島に入る頃には 雨が強くなり がんばって新潟の阿賀の川のパーキングまで着き、一泊目。
☆つぎに北陸道を終点の敦賀まで行き 福井県小浜市のシーサイド高浜の道の駅で19日の2泊め。
 
☆20日の朝は京都の舞鶴を過ぎ 日本三景の 天橋立に行き3時間もかかり・・ 鳥取砂丘で1時間ほど堪能、9号線で島根県の松江市の手前の海沿いの町 堺港の水木しげるロードに夕方近くに着き妖怪さん達を撮影しまくり、官民一体とはこうゆうことなんだと強く感銘し、夕焼けの綺麗な宍道湖を横目に今夜のねぐらと夕食を求めて松江城の周りをぐるぐる廻ってハル号の入る大きさの駐車場をさがすこと2時間 入る所なく、山陰自動車道で道の駅のある出雲大社へ10時過ぎに着き サンドイッチの夕餉 20日泊。

☆21日朝 出雲大社を拝ませて頂き出雲そばを食して 9号線で海沿いに山口県の萩シーマートの道の駅につくも食堂は3時でしまっていて そのまま萩博物館に行き武家屋敷などを見学し 係の方の許可を得てそこの駐車場で泊。

☆22日朝に美祢市の秋吉洞と秋吉台を見学、山陽自動車道で広島を通過し 尾道から 瀬戸内海の上を走る しまなみ海道にはいり 大島の泊。

☆23日10時より渦潮観光船に乗りうず潮堪能、のち 四国に上陸 うどんを食し倉敷を抜け、山陽道で姫路城を見学。のち 舞鶴若狭道でまたもや小浜のシーサイド高浜の道の駅泊。

☆24日は北陸道で金沢に、近江市場など楽しみ新潟県の道の駅うみてらす名立で泊、海に沈む夕陽がよかった!

 

☆25日は一目散に仙台へ、1時半ごろ帰宅。お店の改補修を弟2号と大工さんにお願いしてあり、工事のまっただなかでした~

経営者としても、人間としても、今回の研修旅行は お勉強になりました。スタッフさんや お客さまやいろいろな方々に支えられて無事かえることが出来ました、本当に有難うございました! みなさまに 感謝 感謝!!

瀬戸内海の大島で 沢山のサイクリスト達と 渦潮を見た・・


秋吉台見学の後、山陽自動車道で 瀬戸内海の大島に泊まり、少し曇りかげんの朝を迎えました。
 

この道の駅 よしうみいきいき館の駐車場から見える海の風景でちょっと他の海では見えない違いを感じました。それは波ではないのに 潮の動きが明確に見えることでした・・・ 海の表面をアップすると 確かに動きが見えます。それで 鳴門の渦潮などが発生するのでしょう、ここ大島でもやはり 渦潮が観れるそうです。(^_^;) 3年前に鳴門に行ったとき 大雨で渦潮観測所に行ったのに ダメ~と断られ がっくりだったので、今回はリベンジしたいですね・・・
 

本当に 楽しみです。 この赤い柱の立っているところが本来四国や山陽地方へのフェリーの発着場だったのですが、しまなみ海道が通ってから程なく利用者がなくなり廃業したそうです。 が 転んでもただでは起きなかった 渦潮が鳴門で人気があるのをみて、ここの大島付近の渦潮を観光の目玉にした、急流観潮船の発着場として復活 施設をそのまま使って運営しています。
 

加えて このこぶの有る鯛、甘鯛が美味しく しかも高級 そのた魚介類も豊富・・
 

そしてそして~ このしまなみ海道をつくったときに自動車道の脇にもう1車線併設し、自転車と歩行者の専用道として 日本中のサイクリストたちの人気を集めてしまったのです、あの高さから瀬戸内海の風景を眺めおろしながらのサイクリングはさぞかし気持ち好いでしょう!いや 外人さんも結構いました。この熊さんは自転車に乗っています・・
 

あるいてもいいでしょうね、このはなは ハワイに有ったのと同じ匂いがします、甘ったるいいい匂い。
 

朝の8時になると ヘルメットをかぶったサイクリスト達がぞくぞくと島に降りてきます。ママチャリもいれば レーサーのような雰囲気の集団もあり 四国の今治から来たか?本州の尾道の方から来たのか?驚くほどの人数が・・・ そして あの七輪バーベキューを美味そうに・・
 

レトロな雰囲気の島専用バスがいました、10時の船の乗船時間になってきました。
 

いざ 白い船に乗ろうと思ったら、右側の古い船でした ガチョ~ン!(この言葉知ってたら偉い?)
 

すると~ 船の天井がかなりのオープンになったんですね~高速道の裏側がよくみえます。
 

人があるっていても ぽつ~んとしかみえません。上から見下ろしている人は実に気持ちいいんではないかな~ 次回くるときは 私も自転車であの上を走りたい・・・
 

この島は村上水軍といって、かんたんにいえば 海賊のようなものの一番筆頭の勢力をほこった組織の拠点となった場所らしいですね・・

 

その島にはまだ末裔のかたが15人ほどお住まいだそうです、当時をしのばせる豪勢なつくりの神社がありました。
 

またここのそばには 造船所で日本一の会社もありました。 その近くの島には 映画の撮影に使われたおおきな大砲がありました。実際・・・このたいほうは欧米の艦船に対抗するために13門ほど作られてこの瀬戸内海の島に設置されたそうですが 日露戦争のときにあちらの戦地にもっていって実際に使われたそうです
 

さあ~ やっと渦潮があるところにやってきたようです。 オオ~ 巻いてる まいてる
 

見事な渦潮が次々とできては消え、出来ては消え・・・ 乗っている人たち全員で携帯で撮影中・・・
 

すぐ目の前にも ホラ! 巻いてますね~ 巻いて まいて~ なんかのCMでしたか?~ いや~拙者 渦潮を堪能したでござる・・ にんにんの忍者のけむまき君かい?
 

いや~ ごくろうな お船さんでした!! !(^^)!


さあ~これから 四国に入り うどんでも食べてまたもや瀬戸内海の上を走る 瀬戸中央自動車道から倉敷を抜けて、山陽道で ひたすら姫路城を目指します・・・

瀬戸内海の大島に泊まりました・・


美祢市の秋吉洞から瀬戸内沿いの高速道で広島を通り過ぎ、尾道からしまなみ海道(西瀬戸内道と言って、4~5つの島に次々に橋を架け四国までつながっている高速道)に入り 遂に念願の瀬戸内海の上を走っています。まず最初の橋、両サイドの景色が最高ですね~
 

次の橋は形が違いますね、あれ?高速道の脇に自転車と人が歩いている?なんで?・・・
 

3つ目の橋 また形が違いますね。
 

その次の橋の手前で 大島に降りました。今夜はこの島でお泊りして朝一番の渦潮を見る観光船にのって 3年前に鳴門の渦潮を大雨で見れなかったリベンジをしなければなりません(^_^;)
 

道の駅よしうみいきいき館にやってきました・・ 七輪バーベキューなどやっているんですね~(もう4時半なので閉まっています、あくまでランチ用なんですか?)
 

夕方になってきて 橋のロープに照明が点きました、綺麗な光景です。
 

瀬戸の海が 夕暮れ小焼け~♪なんて歌が流行りましたね~ 自然にあのメロディーが思い浮かびます・・・ ハル号の中は夕餉の時間ですね(^_-)
 

明るいうちに 島を約一周してお風呂を見つけ、入って ついでに 地元のスーパーで地物のお刺身とお酒と焼酎をたっぷりお買いもの・・
 

今が旬の 地物の石鯛が398円で2割引き! 旨そうでしょう~
 

今が旬の 地物のあぶらめが480円で2割引き! 旨そうでしょう~ ( ^)o(^ )
 

地物の天然ひらめが550円で2割引き! 旨そうでしょう~
 
蟹とサラダのからしマヨネーズが160円で2割引き! 旨そうでしょう~
 

昨日 道の駅で買ったいんげんかな?きれいな緑で食欲を誘いますね~ それと4日前に買ったポークのスペアリブをもう食べないと・・・
 

冷蔵庫で冷やしておいた ビールで乾杯!して 本日仕入れた 四国のお酒 [四万十川] を暗くなりつつある瀬戸内海を眺めつつ・・・
  

ハル君も パンプキンに ・・なんか呉れんか~呉くれ~  こうして瀬戸内海の夜は美味しく更けてゆくのでした・・・
 

明日は お船にのって潮の渦巻き見なくちゃ!

秋吉洞を 散歩?探検?



秋吉台のカルスト台地とこのような水が有るからこそ 秋吉洞の鐘乳洞ができたと思いますが、入口脇の湧水の池はとても澄んでいてこの綺麗な水で あの様々な造形も映えるのでしょうか。この入口はすこし狭くて分かりづらく一回通り過ぎてしまいました・・
 

ここの住所は美祢市なんですね、お客さまでここの出身の方がいらっしゃいましたっけ。とっ、エジプトの女王のような自然の石が展示してありました。まっこと 自然は芸術家ですね~
 

このゴールデンな場所でも 閉店をよぎなくされたお店がありました、商売は笑売のうちはいいのですが・・・
 

ペットはOKだったんですか・・ でも ず~とハル君を抱っこしていたら 超肩こりで肩だけ若返るかも(四〇肩) (^_^;)
 

さあ~入口が見えてきました。青白い水がとてもきれいです。橋から見ると凄い水量です。
 

ここからが 鐘乳洞ですね・・福島や岩手けんの鐘乳洞より大きな広がりをかんじます。冒険コースもあるとありますが、上を見るとやってましたね、懐中電灯を借りて三〇〇円でした。梯子を登るような直角くらいの壁をのぼっていくのです、パス! (@_@;)
 

百枚皿!いい感じですね、実際は洞内アナウンスで500枚を超すそうです。控えめな数字でしたね。
 

黄金柱(こがねはしら)と読むらしいのですがこれは見事です。今は 成長はストップしているそうです・・・ 人のようなものは 厳窟王(がんくつおう)とはなにやらいまにも 動き出しそうですね・・・
 

一番奥の出口にはタイムトンネルが設定されているそう、照明がきれいです。もし本当にタイムを移動できるなら・・ 未来か?過去か?難しいですね~ 学生時代は試験がいやだし、未来の自分は怖くて見れん! 今を大切に生きよう!!(ー_ー)!!
 

端から中央まで戻ってくると エレベーターがあり 地上にでれました、そこから300メートルのきつい登り坂を登って展望台があります。そこから望む山の風景が石灰岩柱が無数に並ぶ いわゆるカルスト台地が・・・ 小学校の教科書で知ってから一度見なくちゃと思ってから はや何十年? これがそうですか、ふ~ん・・・
 

鐘乳洞を歩き、300メートルの坂を登り疲れ果ててしまい、岩のそばまで行くパワーが有りませんでした~ ここで撮っておきましょうか!こんな洒落たポスターを見つけました。先ほどの 黄金柱が焼酎の瓶にとっぷりと入っている、色使いもこの美祢市の爽やかにぴったりです。
 

なぜか まだ5月なのに 楓が紅葉しています・・  さあ 鐘乳洞の出口が見えてきました。この光景もなかなかでした~
 

でてすぐのところは商店街になっていて 色々なお店がありましたが、ここが一番秋吉洞にぴったりなお店と思いましたが・・
みかん味のソフトクリームを食べたパンプキンは ちょっと渋い(^_^;)かな?
 

買いたいものはありませんでした。でも いい感じ・・・
 

つぎは 広島市は15年ほど前に行ったのでとばして、尾道から瀬戸内海の上を通るしまなみ海道という海の上からの 眺めが楽しみです・・


   山陽自動車道で距離をかせぎましょう・・・

吉田松陰神社に行きました・・


朝早くに 萩市から少しはずれれたところにある 吉田松陰神社にやってきました~


明治維新を成し遂げた人の多くの人に 多大なる影響を与えた教育者で わずか30歳で人生を終えた 吉田松陰・・・


その 教育の現場の家がこれだそうです。


古い江戸時代に終焉を告げ、新しい明治時代をつくり、欧米列強にこずかれながらも 植民地にならないで済んだことは大変素晴らしいことでした。もし あの時に植民地になっていたら今の日本の繁栄はなかったでしょうね・・・


う~ん いたく感心した顔で・・・ こちらの神社のおみくじは傘が付いているんですね、禍よけなんでしょうか?


松陰さんの 銅像もありました、 ご苦労様でした・・・


次に 文と萩物語の大河ドラマ館を目指して 萩循環まぁーるバスの後ろをつけて 走ってみました・・ いろんな観光の見どころを見ることができましたが 多少時間がかかりました。 ハル君も眠そうですね~


やっと着きました、と思ったら 中学校の校庭でした。あれが校舎でチャイムが鳴って、放送部員の方の校内ほうそうが流れていました。
萩は城下町であまり広い場所がないので期間限定で借りているのでしょうか?

会場はまるで 体育館でした。


なかにはTVドラマの中身をしっかり再現してあり ホログラムでお話をしたりもしていました・・


萩焼の 萩にゃんが居ました~ (^_^;)


萩ガラスというのもあるんですね!!


つぎは 秋吉台の鍾乳洞が楽しみです (^_^;)

萩のひとは皆 いい人だった~


出雲大社の拝観を終え、日本海沿いにひたすら萩を目指して走ると、日本海が本当に綺麗でビックリするほどでした・・・
道の駅キララ多伎でも すんごい青でした~
  

萩博物館の駐車場係の方はいい人でした~ うちのハル号を見るなり、大きい車はなかなか置くところないから、今晩はここで泊まったら?と、あまえてそうすることに。ここを拠点にして萩市の街並を散策することにしました。 山陰の方々皆様本当に親切です・・・
 

博物館のなかは写真が撮れないので、何故か 赤い消防自動車が飾ってありました、白い塀によく映える・・・
 

そして 山口は夏みかんの木が植えてあります。その昔に藩の財政状態が良くないときに植えることを奨励したそうです。
 

萩焼も有名ですね~ こちらのお店で 手びねりのいびつなお猪口を買わせていただきました。
 

背の低い白い塀が萩地方の特色なのか落ち着いた雰囲気は抜群ですね。塀の上から夏みかんが顔を出しています・・・
 

武家屋敷のなかに、高杉晋作の家を発見!たくさんのかたが見学なさってました。
 

菊屋横丁というんですね~ ハル君も珍しそうにきょろきょろして散歩してましたね・・・
 

ここはガイドブックに出ていた カフェーで時代を生かした看板がナイスです、〆ようとしていた ご飯やさんの親方が馴染みのお店を教えていただいたので アーケード街を通り(半分がシャッターしまってました)でもその中にも 若い経営者が若いセンスでお店を何軒か出していました。帰り道に冷かして好いグラスをほしかったんですが 一個でも1万円以上で手が出なかった・・・ (^_-)
 

見えてきました、教えていただいた飲食街の入り口です・・・ 割烹みづき なにやら高そうな予感、しかも 親方お任せのコースしかないとのこと・・ え~い ままよ!!
 

そしたら とても優しそうな親方と奥様でした。左の萩の酒をサービスでごちそうになってしまいました・・ パンプキンも珍しく日本酒を飲んでいます。
 

お造りのあとに でた天麩羅盛り合わせと お肉のなんとか?でした、ビールの後に日本酒を3杯頂いたのでよく覚えていません?
 

その土地の親方と その土地のお酒 土佐の鶴の熱燗 う~ん いいですね~ これで おあいそは?衝撃の二人分で4620円かな!
ほんとにいいんですか? ごちそうさまでした~ ( ^)o(^ )
 

最後に丼ものを無理して作っていただいて 満腹まんぷく パンプキンも満腹・・・
 

昔 黒猫のタンゴなんて歌がはありましたっけ・・・
 

こちらの 商業地区の建物は隣同志でつながっているので 火事よけや 泥棒よけに境目に ウダツというものを建てるのだそうです、これは泥棒よけのうだつかな?
 

あしたは 吉田松陰神社などみてみたいですね~  みづきの親方ごちそうさまでした~

出雲大社は大迫力だった・・・


結局 松江には夕方7時頃ついたものの ハル号の入れるおおきな駐車場がなく(2時間も探しましたが、小さい入口のところしかなく)そのまま 高速道で 出雲大社のそばの道の駅へ10時ごろ着き、不思議な黄色の看板のローソンでサンドイッチ等で夕食をすませ 泊・・・
 

朝、夜には大きな壁にしか見えなかったものが古代の神様のレリーフとわかり パチリ・・

今回の旅行はそもそも パンプキンが この出雲大社を見たいということで 始まりました。しっかり拝ませて頂かないと・・・(^_^;)
 

こんなに近くにも駐車場がありましたね。各 お店はそれぞれ出雲らしい雰囲気で・・
 

さらに こんな立派な休憩スペースでお客さまを 吸引するお店を発見!すばらしい!
 

スターバックスも出雲の雰囲気をばっちり出しています・・・
 

こうやって鳥居の内側から下界を見ると、お諏訪さまの神社とそっくりです・・ 3メートルくらいあるおおきな古代の神様が金の玉(ギョク)を拝んでいるのでしょうか?凄い迫力です・・・
 

神殿にやってきました、手と口をお浄めして・・  大しめ縄のもとへ
 

大きいですね~ このお賽銭箱に私は(大きい声では言えませんが、1000円也の浄財を)入れて 日本の安心、安全、未来の繁栄とスタッフのみんなと。家族の健康を祈願させていただきました~ あ~なんか なんともいえず すっきりした気分です!    後で 宝くじも当たるようにお願いすればよかったかな?ともおもいましたが遅きに失しました~・・・(^_^;)
 

ここで おみくじを引かせて頂きましたが 浅草神社と同じに 箱を振って 出てくる棒に番号が書いてあり 同じ番号のおみくじを頂きました。よ~く見ても 大吉とか、凶とかがないので 巫女さんにお聞きしたところ、それはこの神社では書かないので あなた様のお心次第と言われました。内容をよくみると とてもいいことばかりなので自分でかってに 大吉と決めつけ お財布にいれて お持ち帰りしました!そばの木はおみくじでいっぱいに白く まるでクリスマスツリーのようでした~ 
 

と次の神殿でさっきより大きなしめ縄を発見!これが2トンとかいう おおきなしめ縄は!よく見ると 下を向いている藁の切り口にはたくさんのコインが挟まっておりお客様が強く投げて刺したお金なのかなと思いましたが・・・
 

そのそばにあった 名物出雲そばがありました。こちらは 蕎麦の実の黒い革まで一緒に挽くので蕎麦の色は黒めで固い、お銚子のようなものがそばつゆで蕎麦の上に直接かけて混ぜて食す、そして2段目になったら 1段目の残り汁をかけて混ぜてと最後までまぜて頂くらしい。てまえにあるのが蕎麦湯で最後のさいごに混ぜて飲むらしい・・
 

こてらの お客様誘導はなかなかのもの、ここは 綺麗なトイレと休憩室有りますと書いてあって、行くと、何軒ものお店を通りやっと地下のトイレにつくが 立派で最新型の機器で男子用なのに ベービーのおむつ変えも有った。さらに
 

その隣の休憩室は10畳ほどはあろうか、部屋に携帯の充電器や無料のマッサージ器や各地のガイドブックやら、それぞれのお土産のパンフレット等が山盛りに・・・ 完璧かも ここまでやっていただくと なにか買ったり食べたりしたくなるようだ・・それにしても トイレは綺麗で最新型だった・・・ う~ん お客様の目線で嬉しいね~ サービス業として 大いに見習わねば・・・  (^_^;)
 

街の中央ほどに 電車の駅があった・・ ぱっとみ カフェーみたい。中に入ると~この不思議さ まるでキリスト教の教会のなかみたいだ。
 

普通 駅に売店では実用てきなものしかないが、ここは駅の出雲のイメージてきなものや、電車のグッツなんかばっかし。しかも ホームのなかへ入ってあの電車を撮影してもいいですよとか。 ホームの反対側は イタリアンなカフエーになっていた・・・ 電車でだめなら グッツとカフェーか なかなかやる~ 関心 かんしん・・・
 

みんなが皆 全員が流行っている訳ではないようだ、グレーのホテルは閉鎖されていた。反対側のファミリーロッジ旅籠屋さんは結構繁盛しているようだった、どんなにいい立地条件でも 時代を読み、先さきと手を打たねば やがて すたれてしまうものなのだ・・・
 

お勉強様でした、  次は萩市をめざそう・・・

水木しげるロードはファンタスティックなワールドだった!


水木しげるロードへ・・・


ハル君も怖そう・・   賑やかな水木ロードでも売り物件が・・ やはり 水木風になじんでやったほうが・・・


妖怪神社もありました・・・


妖怪ショップが開いてました~


水木さんと、福山雅治さんの色紙がありました・・


おトイレのなかも 妖怪があなたのマナー 見ています! 傑作ですね!(^_^;)
 

等身大のねずみ男と・・・


床屋さんは ゲゲゲの鬼太郎カット・・・   酒屋さんは おやじ日本酒・・・


鬼太郎君はげたをはいて  さあ つぎの松江市で出雲そばでもすすりながら 地酒でも頂けるといいなあと思って 


いざ 出立・・・

舞鶴、天橋立、と鳥取砂丘・・・


20日(水)の朝は隣の道の駅とれとれセンター舞鶴港にやってきました。私の大好きな蟹がメインの道の駅らしいのですが 火曜日は本日定休日! ザ 残念!


道の駅の隣の港には 昔からの軍港らしく 自衛艦や警備艇など停泊していてなかなかの見応えでした、小学校の頃は夏休みの宿題に船を作ったりしてましたね~(^_^;)


巡視艇は救命ボートをしっかり積載していますね。


やがて 日本三景のひとつ 天橋立にやってきました。この橋から先が松林ですが例の、股のぞきはすぐなんでしょうか?


この橋を渡ると松林が・・・


更に 青い橋を渡り 行くと、食事処があり 名物あさり丼とあります・・・


天橋立の全体像が見える立派な地図がありました、このときに下のほうにレンタサイクルの文字があまり気にならなかったのですが・・
山の方に向かって右側は風が無く穏やかな海、


左側は風が強く ざぶざぶと音をたてています。でもこんな可愛い花も・・・


松の木で防風してたんですね~ 結局 砂浜や砂利道を2キロも歩きました、自転車借りれば良かった・・・


よーやく 松並木を全部歩きぬき ハル君もぐったりでした。さっきの船に乗ればよかった・・・


ところでまだ 股のぞきは無いようですね、リフトなら犬もだっこしていれば乗ってもOKだそうで 乗っちゃいました。後ろを振り向くと
あの 天橋立が見えるではないですか!


ガラス張りの展望台もあります。その傍に 有りました!股のぞき台が!やっと見つけました・・・

早速やってみました、う~ん 確かに さかさまにはみえますね~ ハル君もヤッテもらいましょうか?足が短すぎてダメかも?


さあ 帰り道です、こんどは前方に天橋立を観ながら下りていきます。


船で帰ろうかと思ったら 犬はダメですとのこと。残念 でも 片道乗り捨て可の自転車があった、これで帰り道は楽勝だ(^_^;)
ハル君も 楽~な感じで助手席?に乗っている。


鳥取砂丘ロードにやって来ました~ 大きな駐車場があって 500円でした、もう すぐ目の前に砂丘の入り口がありました。天橋立と比べればなんと楽勝な・・


ハル君も 一緒に鳥取砂丘見ようね。


お~ 広い、奥行きがある 立体的な砂場だ!水たまり的なところもあるし。その奥は きれいな海が観える!人が あんなに小っちゃく見える。


なんか アラビアのロレンスが出てきそう? なかには 革靴の人もあり、パンプスのひともあり 私はサンダルで時々裸足でした!


うえには パラセーリングがゆーゆーと浮かんでいて いい感じ


ハル君はばてばて~ あの短い脚でがんばって上ってきます。


砂丘のてっぺんに上ると 細かい砂が海風にのって体中に当たってピピピピーと痛い!この砂丘が出来た理由は細かい砂とそれを吹き上げる海風かな?と思いながら 風紋の上をハル君と 探検?気分 ハル君も 砂が痛いのか 早く帰りたい・・・
  

アラビアよろしく ラクダさんが居ましたが人気はいまいちで、近づいて写真を撮ると1000円以上取られるとのことで 遠くからパチッ!
  

さあ これから ゲゲゲの鬼太郎さんのいる 境港に行って 水木しげるロードを堪能しなくちゃ・・・


いよいよ、7泊8日の山陰地方研修旅行の始まりです・・・

いよいよ 18日になり かねてより予定の7泊8日の山陰地方一周の研修旅行を決行することに・・・ 仕事を終えて夜7時から出発、福島に入ると 雨が降ってきて 新潟県に入るころにはザーザー降りになり 8時を過ぎると常磐道も全面閉鎖して道路工事をしてるらしく一般道をくねくねと走り 10時ごろにつかれがピークになってパーキングで泊まることに・・・ すんごい雨で屋根に当たるおとで眠れないくらい・・ あしたも福井のオバマ迄行くのに、やや不安を(^_^;)   翌朝6時台に北陸道に繰り出しあと400キロは稼がねば・・ 金沢の近くの特別なパーキングオアシスで休憩。建物にはいってみると~ 看板は賑やかなのだが 5年ほど前にきたときとは大分違って撤退したお店も何件か有り寂しさも感じるほどお客さまも入ってなく こんなにおおきな建物だけに一度傾きかけると再建も大変だろうなと思いながら外にでました。近くにさらに立派なおおがた商業施設ができたか、個々のお店の息が合わずに歯がこぼれるように閉店をしていったのか?


本日の目的地の小浜市の道の駅の、すぐ手前まできてパーキングで休憩すると、ドッグランを発見!うちのハル君を入れてみることに・・・
パンプキンはシュークリーム入りのメロンパンを発見して ごきげん!


ハルl君は車の外は嬉しいらしく ぴょんぴょん! 犬のうんち専用のバイオトイレがありました。(^_-)


舞鶴若狭道を降りて、夕食の食材を超大型スーパーで購入して 小浜の街並を・・・


すると~ 半分以上がシャッターが下りている 寂しい街並みになっていました。そういえば さっき寄って買い物したスーパーが超大型でした、お客様も沢山いたっけ。仙台市の太白区も 大型のモール店ができたら そばの長町商店街はややシャッター街になったっけ・・・
大型店は便利だが 従来からのお店街が・・・


街並みを抜け、海沿いの道路を行くと こんな綺麗な景色が・・・  同じ日本海でも東北の方とは明るさが違う。なんかぱっとしている。


明るいうちに 目的の道の駅 シーサイド高浜に到着。予定より早く、余裕で 駅なかの温泉に入れる、パンプキンはにこにこだ・・ Wでほっとする。先にハル君をお散歩して それから 人間さまの温泉だ~ (^_^;)


大体の大きな道の駅には猫ちゃんが住んでいる、ここにもこんなかわいい猫ちゃんが人を見ると寄ってくる。我が家の夕食はさっきのスーパーで買った焼き魚 ポテトサラダ・・


さばのへしこ(こちらの特産品で、飯鮨みたいに味が濃く 独特の香り)たぶん一切れだけで ご飯が3膳はいける! と 地物の鯛の刺身
これがまた 美味しかった さすが地物これで320円だったか? 車の冷蔵庫で仙台から冷やしてきたビールがすすむくん!(^_^;)


それと こちらは たけのこも特産みたいで 軟くて美味しい お風呂のあとのビールと 道の駅のすぐ裏の海沿いのお散歩も きもちんよか~


予定としては 山陰地方の地図の形に 海沿いを名所巡りして端の 萩市まで行き、下は広島はいったことが有るのでパスして、尾道から瀬戸内海のしまなみ海道を通り、四国の一部を高速で通り抜けまた瀬戸内中央道で岡山方面に抜け、姫路城をみて、また 小浜に縦に抜け上がり、できれば金沢を見学していく予定です。はたして7泊8日でうまくまわれるのでしょうか? 走行距離は3000キロ位かな?ハル号頑張ってね。なんせ 貧乏人の私達が こんなに研修旅行ができるのも 君に

プロフィール

ブロッコリー2

Author:ブロッコリー2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。